2014年09月23日

三日月夜お彼岸中日とビスクさんの御帽子。。の御話しです。。やや欠け月半月





今日は お彼岸の中日。。

亡くなりました 祖母は おはぎが 好きでした。。

お供えに求め 食べて頂こうと 想います。。



季節ごとに この おはぎの 呼び方が 違うことを 知りましたのは

つい 最近の事です。。

何が 違うのかなぁ。。。って 調べてみました。。

春は ぼたもち。。漢字で 書きますと 牡丹餅。。

ぼたもちで 変換しますと ちゃんと 出て参ります。。。

秋は 萩に 見立てて お萩。。



私は 粒あんか こしあん かで お名前が 違うのだと ばかり。。

粒あん こしあん の 違いは 地方により 違うようですね。。

あとは お好み。。。かしら。。



春と秋。。だけではなく 夏 冬にも 風流な 呼び名が ございました。。

夏は 夜船。。

冬は 北窓。。


日本は 言葉が 大変 美しい国です。。

そのままの姿だけではなく 見立てて 想像して

文字を 連ねます。。




他にも 印象的で 覚えておりますものに

お祝いの御包に 印します言葉 「松一葉」

御悔やみの折り 記します言葉 「花一輪」



慎ましさや 優しさが 見え隠れ致します。。

ふんわり 包んで 思いやりを 感じさせますね。。




ジンジャーリリーさんの御帽子。。


CIMG7186ss.jpg


生成りの レース地と 籠目のようなレースを 重ねて。。


CIMG7187ss.jpg


上から観ましたら こんな感じ。。

重ねましたレースは 木綿と 金色の御リボン。。


CIMG7170ss.jpg


ジンジャーさんの御話しは 此処で 一区切りとなります。。


CIMG7192ss.jpg


明るい笑顔ですね。。


ビスクさんの正装の ドレスではありませんでしたが

まだまだ お勉強も重ねて

いつの日か 創ってあげたいですね。。

御針のほうは さゆりちゃんに 掛かっております。。

紫の 菫のお花のイメージで お二人。。

今月は おそらく 其処までかしらと 想います。。




さぁさ。。おーちゃんたちが 「そろそろ ご飯でしょ。。」って

呼びに 参りました。。

私も おなか すきました。。。顔(汗)


みんなで ご飯を 頂きましたら

また 御針 続けましょ。。







 ∞∞∞∞∞∞ 20世紀の名言より ∞∞∞∞∞∞




   人生には損得を超越した一面、

   自分がこれと決めたものには命を賭けてでも

   それに邁進するという一面があってもよいのではないだろうか。


                      ─ 松下 幸之助 ─
                       (松下電器産業創業者)







命を架けて 成し遂げたいもの。。

確かに 私にも 在ります。。




明日も 佳き日で 在ります様に。。。











                三日月

ニックネーム モコ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする