2014年04月15日

満月三日月赤いお月様と ちーたんの浴衣の御話しです。。三日月やや欠け月








今夜の夜は 少し霞がかかったように うすぼんやり。。

東の御空に 観えますのは 赤い赤い 大きな お月様。。


今から 南の御空へ向かい

ぐるりと回って  西の御空へ 沈むまで。。


提灯のような 赤いお月様が 上がった今夜は

なにか 不思議な事が 起こりそうです。。


お月様に まつわります伝承は 数多く存在致しますが

其れも 地方や国によって 大きく違っていたり

吉凶 真逆だったり致しますね。。


不可思議な御話しも とっても 面白く惹かれます所ではございますが

今宵のお月様は 地球までの その周りの 大気が 汚れていて

そう見えたのかも 知れないなぁ。。。。なんて

想ったり。。

科学で 説明が付きます事も

付きませんことも その両方が 興味深く

どちらもが 浪漫で 在るような 想いです。。




ちーたんの 木綿の浴衣。。

とっても 可愛らしい御生地です。。


CIMG6302ss.jpg


現代ものの 木綿の御品。。お預かりさせておりました御生地です。。


CIMG6304ss.jpg


今回は より着せて頂きやすくと 半襟は 縫い付けてみました。。


CIMG6305ss.jpg


現代ものだからの 遊び。。

レースを 所々に あしらい

布との調和を 図れますのも 新しい布だからこそでしょうか。。


どうか お気に召して頂けます様に。。




今は 御帽子 ヘッドドレス そして 結び帯に 帯飾りに

取り掛かっております。。

また 追って 少しずつ 御紹介をと想います。。






∞∞∞∞∞∞ 20世紀の名言より ∞∞∞∞∞∞




  何を志すにしろ、順序正しく進むことが一番である。

  これを無視すると、いわゆる豪傑肌におちいり、

  大言壮語をこととし、日常の些事をかえりみなくなる。

  日常の些事を大切にしないで、どうして物事が成就するのだろう。




                   ─ 安田 善次郎 ─
                    (安田財閥創始者)





最初の気持ちを 忘れずに。。

最初の感動を 忘れずに。。



天高く積んでよいものは 努力と御勉強です。

日々の恙無い暮らしの中で すべては 育まれて行くものですから

そこを 疎かにして 何を成せるはずも在りません。。





明日も 佳き日で 在ります様に。。









               三日月




ニックネーム モコ at 21:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする