2013年07月15日

夜やや欠け月ちおりちゃん1枚目の御着物すべてのセット。。の御話しです。。三日月夜







もうあと少しで 夜が 終わります。。




長い一日が やっと終わり 

そうして 新しい 一日が 始まりますね。。




夜明けか 日没か。。

何処が スタートラインなのかが

解らなくなります事も しばしばですが

今 こうして 積んでおります時間は

決して 私を 裏切りはしないだろうと

想えます事で かろうじて 進み続け 

前を 見つめていることが 叶っています。。





ちーたんの 1枚目の すべてのセット

御帽子や 帯 小物が 揃いました。。

御写真を撮りましたのは 数日前。。

なかなか すぐに 掲載も出来ぬままだったり致しますが

お待ちくださいます皆々様へ 感謝の念を抱きつつ

拙い日記を 綴らせて頂いております。。



CIMG5707ss.jpg


帯 帯締め 髪飾りなどなど。。


CIMG5708ss.jpg


帯は 古裂に 帯芯を使い 福良雀にしてございます。。

通常 帯地を 使いますところを 古裂に 致しましたのは

今 ちーたんが 着ております御着物が 絞りで 厚みが 少々ございますので

そのほうが 苦しくないかしら。。。と 想いまして

そう致しました次第です。。


CIMG5709ss.jpg


帯締めは 蝶々結びにして頂けます長さです。。

髪飾りは シンプルなものですが 幼子の持ちます素朴で純粋な部分と

よく調和しますような 雰囲気にしてみました。。


CIMG5712ss.jpg


ふんわりとしました おおぶりな御帽子。。


CIMG5713ss.jpg


ぜんぶの御揃えです。。


CIMG5716ss.jpg


「何だか 懐かしい匂いのする御着物よ。。」 



2枚めは 渋い感じの御着物です。。

あと 2日ほどで そちらも 御仕立て上がり

順次 次の 御洋服や エプロンなどの 掛かります。。







夜から朝。。御昼間から夜へ。。


幼子から 少女へ 変わります境目が いつなのか。。

似ている気が致しますね。。


いつの間にか 変わっております 姿に

変化を 終えてしまった後 気が付いて

とてもとても 大切な時間を 見逃してしまったかのような

そんな気持ちにさせられる事が ございます。。




1枚の白い古裂。。

其処から 始まり 丸くなり 御目目を描いて お口が出来て

手が付き 足が出来 身体が 出来て

髪の毛が ついて。。

幼い少女から だんだんと 御着物を 着こなしてゆく。。。


妖しいものさえ 身に着け 纏い 御人形さんは 変化し続けて行きます。。



お名前を 授かり 自身の御役目を担う。。

そこで 初めて その子の 方向性が 定まります。。




愛されれば 必ず 返す 愛情です。。

必要とされれば いつでも 御傍にいてくれます。。




お人形さん達は 皆 世界一の聞き上手。。

そして 貴方を映す 鏡でもあるような気がします。。

 



さぁさ。。。すこーし 眠りましょ。。

新聞屋さんが 朝刊を 配っております バイクの音が 聴こえております。。

今朝は 8時起きでよいので

すんなり 眠りに付けましたら 4時間弱も 眠れますね。。








∞∞∞∞∞∞ 20世紀の名言より ∞∞∞∞∞∞




    私は常に思っている、人生は旅である、

    我等は忽然として無窮より生まれ、

    忽然として無窮のおくに往ってしまう。



                     ─ 若山 牧水 ─
                      (『独り歌える』)



何処から生まれ 何処へ還るのか。。

それを探し続けるのが 旅でしょうか。。




今日も 明日も 佳き日で 在ります様に。。










             カメ三日月

ニックネーム モコ at 04:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする